冠婚葬祭の一つである葬儀に参列する際のマナーについてです。必要なものなのでしっかり身につけなければなりません。

葬儀参列者のマナーとは

葬儀参列者のマナーとは

葬儀参列者のマナーとは

冠婚葬祭の一つであり、必ず経験する事になる葬儀のマナーですが、一般常識としてしっかり身につけておかなければ恥ずかしい思いをすることになってしまいます。
仏式ではまずお通夜と違い、開始から終了まで参列するのが基本であり、開始時間の10分前までには受付を終わらせているようにします。
遅刻や読経が始まってからは入室してはいけません。マナー違反となります。
服装は喪服、なければ男性はダークスーツ、女性は地味めのスーツかワンピースでも可です。
妊婦さんはスーツを着れないので黒のワンピースなどで良いと思います。
靴やバックは黒でなくてはならず、アクセサリーは真珠以外のものは身につけてはなりません。数珠も忘れずに持参します。

受付では受付係の方に深く一礼をし、ひとことお悔やみの挨拶をします。
香典は必ず袱紗に包んでおき、お通夜で持参していない場合には差し出して芳名帳に記帳し、着席します。
席次などはないので前のほうから詰めて座るのが良いと思いますが、年配の方が多い場合は末席に控えたほうが無難であると思います。
子ども連れの方などは、ぐずったりしてしまった場合にすぐ席がはずせるように中座しやすい後ろの隅のほうに着席すると良いと思います。
読経は静かに聞き、焼香が始まりましたら、遺族、近親者の後に順に焼香します。
個人と関係の深い順です。
香の煙には、人の心と体、霊前を清め供養するという意味があります。
遺族に一礼し、台の手前で遺影にも一礼します。
焼香の数は1から3回と特に決まりはありません。合唱し、数歩下がってから遺族に一礼し、席に戻ります。

喪主の挨拶が終わり次第退席になりますが、最後に花を故人のお棺に添えていくこともあります。
最後の対面です。
出棺時もコートなどは羽織ってはいけません。待ち時間では良いですが、出棺の時はぬぎます。
遺族の最後の挨拶を静かに聞き、霊柩車を見送る際は合唱または黙礼します。
火葬場に同行できない場合は丁寧に断り会場を後にします。